観戦当日までの流れとベルギーGPの魅力

   

F1の中でもベルギーGPは、人気レースの一つとして認知されています。高低差80mのコーナーを時速300kmのマシンが走る姿は、F1好きな方には大きな魅力です。テレビ番組でもその様子は視聴出来ますが、旅行会社のツアーで申し込むと現地での観戦にて、迫力を肌で感じることが出来ます。
大まかな日本からの観戦申し込みの流れですが、ベルギーGPは8月下旬に開催されて、その年の1月から2月にチケット購入の申し込みが始まります。自身で観戦チケットだけでなく飛行機や宿泊施設の申し込みが必要です。特に、サーキット会場のあるスパ・フランコルシャンには最寄りに小さな街しかありません。片道2時間掛かる首都ブリュッセルでないと、宿泊施設確保が難しいです。特に海外旅行に慣れていない方には、現地での生活に苦労する場面が少なからずあります。

簡単にベルギーGPのチケットは手に入るのか

モナコやイタリアと並び、ベルギーGPはF1の中でも主要な大会です。会場は最大8万人収容出来ますが、近年では欧州のレーサーも活躍されていて国外からの応援団もが観戦に訪れます。申し込みが始まってからすぐに完売になる場合も想定されます。
旅行会社からのチケット購入にて、実績のある会社だと確実に手配することが出来、購入までの手間は省くことが可能です。ただし受注企画型旅行でのプランでは、ベルギーGPのチケットや宿泊施設の手配を旅行会社が提供していても航空券は用意していません。手配型旅行契約だと空港諸税を含めて、航空会社が準備してもらえますから確認が必要です。

現地で健康にベルギーGPを観戦するには

8月にベルギーGPが催される場合、現地は気温差が激しいです。晴天だと30℃近くまで気温が上がりますが、雨天では10℃くらいしか上がりません。日本での生活の観点からは、冬場と同じく肌寒く感じます。その上観戦は屋外でしますから、長袖シャツを着て過ごすと良いです。その上で天候不良になったり、ずっと同じ姿勢で過ごすことで体感温度が下がります。ジャンバーなど防寒服を用意すると寒さ対策になります。
たとえ短期間の滞在でも、海外での生活で注意すべき点として時差の問題があります。特に時差が5時間以上ある国に行くと、睡眠障害など時差ボケの症状が現れやすいです。その上飛行機に長時間乗るだけでも、疲労感は残ります。ベルギーGPを楽しむためにも、出発前に十分な睡眠を確保することが必要です。レース当日まで可能な範囲、まとまった睡眠をとる方法もあります。

ツアー(商品)の中には、早期申込割引をしています。 日本全国からツアーの申し込みを承っております。 対応自由度の高さから、お客様の最大限に望むオーダーにも柔軟に対応致します。 オーストラリア、モナコ、カナダ、ベルギー、イタリア、シンガポール、メキシコ、アブダビ、イギリス、ドイツ、フランス…名だたる海外F1イベントの観戦ツアーを扱っております。 F1ベルギーGPツアーをお得に観戦するならWST

ピックアップ記事

ツアーでベルギーGPに行く際の業者選び

ベルギーGPのツアーであっても、海外旅行の一種です。日本旅行業協会や官公庁や行政など公的な機関からの認可を受けている場合は、一つの判断材料となります。業務内容をホームページで確認することで、会社の強み...

ベルギーGPのおおよそのツアー日程

日本からベルギーGPをツアーで参加する場合ですが、レースは決勝以外に予選やフリー走行を含めたら3日間です。飛行機で移動する場合、日本を出発するのは夜間が多いです。ブリュッセルまでの所要時間は8時間です...

ベルギーGPのチケットの価格と観戦ポイント

F1の中でも人気のあるベルギーGPですが、ツアーでの参加であってもチケット料金は別途掛かります。自由席は割安価格で観戦出来ますが、オールージュという上り坂と森の中をレーシングカーが駆け抜ける場面は多く...

ベルギーGPでのツアーの流れ

旅行会社がベルギーGPをツアーとして販売している場合にて、大まかな流れがあります。日本から出発をして現地観戦をしてから、帰国までに概ね7日間見ておくと良いです。その場合、決勝だけでなくフリー走行や予選...